キャッシング枠が有ると思いますが

「後、給料日まで何日?」、なんてことは誰でもありますよね!僕の場合、かなりの浪費家で、月のなかばからはいつもそんな感じです。

 

お金が無い・・・それで済むなら人ならそれがいい!給料日まで待てば・・・ でも自分にしかないタイミングでどうしてもお金が必要な時ってありますよね!そんな時、僕はキャッシングをうまく使っていますよ!大体のクレジットカードにキャッシング枠が有ると思いますが最近のコンビニにATMが設置して有りますからね!僕は翌月の給料で返せる金額だけと決めて利用しています。

 

お金が無いと楽しい事を逃してしまう!今しか出来ない楽しい事がいっぱい有りますからね!ただ借りすぎると楽しくない未来になってしまうので、自分なりのルールを決めて(なるべくキツめで!)ちなみに僕は借り先は一件で金額はMAX10万まで。

 

とか決めてますよ!キャッシングに慣れるとお金持ちになった感覚になります!借りたお金は自分のお金じゃ無い事はくれぐれもお忘れなく

最近の消費者金融はクリーンです!

消費者金融会社は一昔前まではまありいいイメージではありませんでしが、最近では多くの大手消費者金融会社が大手都市銀行の傘下となり営業しているところが多いため、経営状態は昔以上にクリーンなイメージになっています。
消費者金融会社として有名な大手、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ傘下ですから最近ではCMでのイメージ戦略もあり良いイメージを持つ人が多くなっています。

 

アコムのコマーシャルなどは非常に明るく爽やかなため、借り入れを利用しようと思った時でも借金をするという暗い気持ちになりにくいようです。
こういった企業努力もあり、最近の消費者金融のほとんどが安心して借りられるといったイメージになっているようです。

 

とはいっても基本的にお金を借りるイコール借金です、借りているということを忘れずに計画的な返済計画があってから借りるようにしないと危険です、借金で首が回らなくなってしまっては最終的に自己破産などといったことになりかねませんので気を付けながら利用することが重要です。
最近のキャッシングは非常に利用しやすいこともそういった軽い気持ちでの借金につながっているようです、便利な分利用する側としては一層注意しながら便利に使いましょう。

 

 

 

消費者金融はいつ利用するかわからない

 以前、私がアルバイトをしていた職場に、同じアルバイトをしていた男性がおり、その男性が頻繁に消費者金融を利用していました。
その人は私と同じアルバイトをしていたのですから決して給料は高くなかったはずですが、一緒に食事休憩に行ったとき、消費者金融からお金を借りているという事実を教えてくれました。

 

 話を聞いている内にわかったのですが、その男性が消費者金融を利用している理由は家賃の支払いでした。
洋服や靴や食料品などにかかるお金は節約できるけども、家賃はどうやっても節約できないから、払えないときには消費者金融で足りない分を借り、その後単発のアルバイトを多くこなすことで返済に充当していると教えてくれました。

 

 それを聞いたとき「まさに自転車操業だな」と私は思いました。
ただ、消費者金融は利用していなかったものの、そのときの私も知人男性と似たようなものでしたので、私もいつ消費者金融を利用するかわからないと思い、その知人男性の話を自分がもしもそうなったらどう行動するか?ということに置き換えて話を聞いていました。

 

 結局、その男性とは1年ほど一緒に働いたのですが、その内何回かは消費者金融からお金を借りたと聞きました。
ですので、消費者金融はいつ利用するかわからないと今でも思っています。

 

 

 

父親がこっそりキャッシングを利用していた意外な理由

 私が高校生のころ、自分の父親がこっそりキャッシングを利用していたことを知ってとてもショックを受けてしまったことがありました。
そのころは、キャッシングと言えば「危ない」「怖い」「返せない」というマイナスのイメージがあったので、父親が何か得体の知れないお金を借りているのではないかと、とても怖くなってしまったのです。

 

 私の父親はどちらかと言えばマジメで、そんな風にキャッシングをするなんてことは考えられなかったのが、余計にそのショックを強めてしまったのです。
父親に何でキャッシングをしているのか聞けなかった私は、その代わりに母親に対して相談してみることにしました。

 

母親ならば何か知っているかもしれないと思ったからです。
 すると、母親からは意外な答えが返ってきました。

 

それは、そのとき父の勤める会社の後輩が結婚したのですが、家計がカツカツだったためにご祝儀を用意できず、しかたなくキャッシングを利用したというのです。
 思い返してみればそのときは、いろいろとお金を住宅に使っていた時期で、確かに子どもの目から見ても家計が苦しそうだなとは思っていました。

 

その答えにとても拍子抜けしたのですが、ご祝儀のお金をキャッシングで用意していたと知り、子どもとしてはとても複雑な気持ちになりました。

 

 

 

更新履歴